iPadでDJをするために必要なアプリ3選と対応コントローラー

本サイトのコンテンツ内にはPRリンクが含まれる場合があります

ターンテーブルでアナログレコードを回してDJをする時代からPC DJ、USB DJの時代へ。そして今ではパソコンすら使わずスマホやタブレットでDJが出来てしまう環境も整ってきています。

今回はiPadを使ってDJをするために必要なアプリ3種類と、それぞれのDJアプリに対応したおすすめコントローラーをご紹介したいと思います。

iPad用DJアプリ

djay

ドイツに拠点を置くalgoriddim社が開発したDJ用アプリ「djay」は、使いやすいインターフェースと高度な機能で最も人気のあるDJアプリの一つです。

あらゆるジャンルの楽曲がアプリに標準で入っているため、iPad内に楽曲が入っていなくても十分DJプレイを楽しむことが可能です。また、Beatport、Beatsourceのストリーミング契約をしていれば、djayから直接それぞれのサービスの音源にアクセスすることも可能です。

1000以上のループやエフェクト機能、トラック分離機能であるNeural Mix(STEM)などの一部機能は有料版(djay PRO AI)の機能として¥750/月(もしくは¥3,400/年)のサブスク契約が必要ですが、基本的な機能は無料で使えるため、DJ体験には最適なアプリと言えるでしょう。

▶︎ djayアプリ(iPhone/iPad版)の基本的な使い方を解説

rekordbox

DJ機材の世界トップブランドPioneer DJの純正DJ用アプリケーションとしてプロからアマチュアまで幅広く利用されているのが「rekordbox」です。

プロが現場で使うパソコン用DJソフトやDJ用のUSBの楽曲管理用ソフトとして利用されているrekordboxですが、2023年3月のアップデートでアプリ単体でもDJプレイが行えるようになりました。

djayと比べて標準で用意されている楽曲はほぼないですが、パソコンのrekordboxライブラリと同期することもできるのでPCでrekordboxを使っている人には最適だと言えるでしょう。

rekordboxも高度なミックス・エフェクト機能などを利用するには、¥8,000/年、¥1,000/月、¥500/週の3パターンのプランが要された有料プランへの加入が必要になります。

▶︎ rekordboxアプリ(iPhone/iPad版)の基本的な使い方を解説

TRAKTOR DJ 2

音楽制作用ソフト音源やハードウェアで人気のドイツのNative Instruments社が開発したDJ用アプリ「TRAKTOR DJ 2」は、洗練されたシンプルなデザインのインターフェースが特徴の

標準では少数のトラックが入っているものの十分とは言い難いため、存分にDJプレイを楽しむためにはiPad内に音源を入れておく必要があります。

iPadだけでDJを行うデメリット

上記で紹介したDJアプリをインストールすればiPadのみでDJを行うことが可能ですが、iPadだけでは限界があるのも確かです。

デメリット1:操作がしにくい

DJプレイにはEQやボリューム、BPMの調整など繊細な操作が求められます。そうした細かい操作をiPadのタッチスクリーンだけで行うのはほぼ無理で、ざっくりとした操作しか出来ずオートシンクのような機能を使ってDJを行うことが前提となっています。

自動で調整してくれるのは便利ですが、DJの上達を目指すのであればあまり練習にはならないという事は言えるでしょう。

デメリット2:機能が制限される

各社のiPad用DJアプリは基本的な機能は無料で利用できますが、高度なミックス機能やエフェクト機能、ヘッドホンでのモニター機能など多くの機能が有料プランのみで利用できるロックがかかっています。

有料機能をタップする度にいちいちアップグレード画面が表示されるため、無料プランのまま使いたい人にとってはかなりストレスになるでしょう。

こうした理由で、実際のところiPadでできるのはお試し程度で、本格的なDJプレイにはiPad用DJアプリに対応したコントローラーが必要です。

iPad用DJ機材

DDJ-FLX4 | Pioneer DJ

DDJ-FLX4の主な特徴

✅ rekordbox、djayに対応
✅ 有線に加えてBluetoothでワイヤレス接続も可能
✅ 初心者から上級者まで違和感なくDJプレイを行えるプロフェッショナル仕様のレイアウト
✅ USBバスパワー駆動
✅ オーディオインターフェース内蔵
✅ フェーダーを操作するだけで音量・低音域・BPMが自動的に最適化されるSMART FADER機能
✅ 複数のエフェクトを組み合わせたダイナミックなサウンドを加えることが出来るSMART CFX機能

Buddy | Reloop

Reloop Buddyの主な特徴

✅ djay専用2チャンネルDJコントローラー
✅ 接続するだけで有料のdjay PRO AIの機能が使える
✅ iPad用ドッキングステーション搭載
✅ 大型のFXパドルで瞬時にエフェクトミックスが可能
✅ USBバスパワー駆動
✅ オーディオインターフェース内蔵

TRAKTOR KONTROL S2 | Native Instruments

TRAKTOR KONTROL S2の主な特徴

✅ TRAKTOR DJ 2対応
✅ 大型ジョグホイール (14 cm)搭載
✅ 業界標準ミキサーのEQをモデリングした3バンドEQ
✅ ノブ1つでFXとフィルターの操作が可能な新しいMixer FXを各チャンネルに装備
✅ USBバスパワー駆動
✅ 24bit/44.1& 48kHz オーディオインターフェイス搭載

外部スピーカーへの出力には変換アダプタが必要な場合あり

iPadのみで使う場合、イヤホンジャックがあれば外部スピーカーに有線接続できますが、イヤホンジャックがないモデルを使う場合は、下記のような変換アダプタが必要な場合です。

DDJ-FLX4とiPadをBluetooth接続で利用する場合も、コントローラーからサウンド出力ができないためiPadからスピーカーに接続が必要になります。

まとめ

薄いタブレット一枚でDJができる利便性は大きいものの、本格的なDJプレイをしようと思うと対応のDJコントローラーが必要と言えます。

時と場合に応じて使い分けができるように、iPadでのDJプレイもマスターしておくといいかもしれませんね。

この記事を共有する:
上部へスクロール