オシャレすぎるサンプラー「EP–133 K.O.II」がteenage engineeringよりリリース

本サイトのコンテンツ内にはPRリンクが含まれる場合があります

高いデザイン性とユニークなコンセプトのギアでエレクトロニックミュージックファンから人気のteenage engineeringの新作として、オシャレすぎるサンプラー「EP–133 K.O.II」がリリースされました。

パワーアップしたEP–133 K.O.II

出典:teenage engineering

EP–133 K.O.IIは、同社の人気シリーズであるポケットオペレーターシリーズの一つとして、1世代目となる「PO-33 K.O!」をベースに、パワー、サンプリング機能の強化と共に、再構築されたシーケンサーと新しいパンチイン2.0エフェクトが追加された2世代目の後継機種となります。

240mm×176mm×16mm、620gというポータブル性にも優れた薄型軽量の本体には、64MBのメモリ、999個のサンプルスロット、6つの内蔵マスターFXと12のパンチインFX、触覚と圧力感度を組み合わせたタッチで直感的なコントロールを実現するパッドなど、サンプラーとして素早くアイデアからトラックに移行できるワークフローを実現する各種スペックを備えています。

音楽クリエイターに必要な一連の機能を備えた多用途のマシン

出典:teenage engineering

オシャレすぎる外観で見た目だけで欲しくなるEP–133 K.O.IIですが、レコードやシンセサイザー、マイクからのサンプリング機能、4つのグループに12パターンずつを使用してビートとバリエーションを構築するサンプルとループのシーケンス、エフェクトを追加しながらのプレイと、音楽制作やライブパフォーマンスを行なうクリエイターが必要とする一連の機能を網羅的に搭載。

出典:teenage engineering

単4電池×4本もしくはUSB-Cから電源供給可能で、内蔵マイク、スピーカーも搭載されているため、小型のボディも相まって場所の制限を受けずに制作やライブパフォーマンスが行えるのも魅力ですね。

出典:teenage engineering

EP–133 K.O.IIは2023年12月7日発売予定

サンプラーとして必要な機能をしっかり備えているだけではなく、クールな外観で制作のテンションを上げてくれそうなEP–133 K.O.IIは、2023年12月7日発売予定となっており、価格税込54,450円で予約注文の受付が開始されています。

この記事を共有する:
上部へスクロール